しゃっくりを止めるには

しゃっくりが出て困ったことはありませんか?何をやっても止まらない場合には、とても不安な気持ちになることでしょう。基本的には横隔膜の痙攣が原因だと言われています。しゃっくりの止め方は色々とあります。

そもそもなぜしゃっくりをするようになっているのでしょうか。母体にいる赤ちゃんは横隔膜を動かすことにより、血液が肺に回ることを促しています。この名残のまま大人になってもしゃっくりをすることになるのです。
食道や胃の調子が悪いことにより、刺激からしゃっくりをしてしまうこともあるそうですから、日ごろから食道や胃の調子を整えておくことくにより、しゃっくりをすることが減るかもしれません。
しゃっくりを止める方法として、びっくりさせるという説がありますが、これが効いたという人はあまりいません。おそらくこれは効果が無いと思われます。他にも色々と止める方法があります。

その人によっても止まりやすい方法があるかもしれません。例えば息を止めてみるというような方法や、水を一気に飲むという方法もあります。うがいをしたりハチミツを飲んだり、色々と説があるのです。
例えば先祖代々のように伝わってきているような、しゃっくりの止め方もあります。これをすれば止まる!と親に言われたら本当に止まるような気持ちになることもあります。この薬は効くと信じている医師に言われたら本当に効くことと似ていますね。

やはり信じて実行することが一番のようです。何か他のことに集中をすると止まりやすいという話がありますが、これが一番止まるかもしれません。

  • Recent Posts